2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
今年もこの季節になりました。
2013/08/31(Sat)
大変ご無沙汰しております。
正月に更新してから既に半年以上が経過していたんですね。
今年は昨年よりも更に忙しくしておりまして、いつものプチ採集もなかなか思うようにできません。
そんな日常ですが、今年の現場の一つがオオトラの有名産地のど真ん中なんです。
これは昼休みや午後にはフラフラしない手はありませんよね。

残暑の厳しい昨日(8/30)、昨年♀と出会えた林へ1時間程度の散策に出ました。
なんと今年も待っていてくれました。
今年の♀は交尾もしていて完全体です。

早速吸水させて採卵用にセットしてみました。

産んでくれるかな?

2013.8.31 撮影

2013.8.30 撮影

因みにこの写真は同一個体です。
スポンサーサイト
この記事のURL | 昆虫 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
昼休みではないのですが…
2012/04/20(Fri)
ちっとも昼休み採集ではないのですが…

営業で飯田へ行くことになったので、前日夜間に先乗りしました。
そんでもって、有名なコンビニへ行ってみるといましたいました。

2012.4.17 飯田市 オオシモフリスズメ

この格好だと結構大きく見えます。
でもこの個体は♂なので、♀はもっと巨大だそうです。

10数頭観察して、撮影して、採集もしました。
でも、♀は見つからずでした。

2012.4.17 飯田市 オオシモフリスズメ (1)

2012.4.17 飯田市 オオシモフリスズメ (2)

翌朝、鳥にも見つからず、車にも踏まれないで残っていた個体を撮影しました。
指に止まらせると、あの独特な格好をしてくれました。
キュッと小さくなってしまいました。

2012.4.18 飯田市 オオシモフリスズメ(車内にて)

そうそう、この蛾もクロメンガタスズメみたいに「キューキュー」と音を発します。
この記事のURL | 昆虫 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
ご無沙汰です
2011/10/26(Wed)
すっかり秋っぽくなりましたね。
初冬かな???

近所のキイロスズメバチの巣はどうなったかな?

2011.9.18 稲城市 キイロスズメバチ巣 50

今年はヒメスズメバチの♂しか見ていないけど…
IMGP3304 50

既にキイロやモンの♂も終盤だろうなぁ~。
この記事のURL | 昆虫 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
家族旅行での撮影
2011/08/29(Mon)
先週の金・土曜日に一泊で長野県諏訪郡原村のペンションへ行ってきました。

妻とチビとネ。

往路は中央高速が事故の影響で渋滞だったので、行きがけに高尾でお昼ご飯(おにぎり)を食べ、それからのんびりと他の渋滞を回避して相模湖から高速を利用しました。

途中、土砂降りになったり曇ったり

到着しても霧雨みたいなお天気でしたので、近所を3人で散歩して終了でした。
部屋へ入るとチビは初のベットに大喜び

お風呂に入って美味しいご飯を食べてご満悦のおチビでした。

夜間はチビが寝てから街灯巡りをしてノコメキシタバ・キシタバ・ミヤマキシタバ・ベニシタバ・ムナクボカミキリ・ケブカヒラタカミキリ(松の樹幹にて)・エゾゼミを採集して眠りに就きました。
夜明け前に起き出して、またまた徘徊してきました。
エゾゼミを期待していたのですが、何故かミンミンゼミだったり…

朝食をご馳走になって、八ヶ岳文化園を一回りして帰途に着きました。

園内では…

カラスアゲハ♀ 50

ミヤマカラスアゲハ♀

エゾゼミ 50

エゾゼミ♀

エゾゼミ抜け殻 50

エゾゼミの抜け殻

シロシタバ 50

シロシタバ

こんな感じでした。
期待したキベリタテハは園外のブットレアの花に1頭が訪花しましたが、欠け個体だったので観察のみに止めました。

最後は…

コエゾゼミ?クロスズメバチに捕食される 50

このコエゾゼミはまだ生きているのですが、クロスズメバチが既に背中に孔を開けて体内を出入りしていました。
胸の筋肉を噛み切って団子にして持ち去る姿を見ましたが、自然界も厳しいですね。
この記事のURL | 昆虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ニイニイゼミ
2011/07/25(Mon)
厚い日が続いていますね。
すっかり夏虫の最盛期のようですが、近所をフラフラする以外は大人しい状態です。

そんな中、昼休みにカメラを持って散策していると、ニイニイゼミの♀が羽化を終えた直後だったので撮影しました。
幼虫も泥を纏っていて地味ですし、成虫も見事な保護色なので発見は容易ではありません。
しかし、羽化は目立ってしまうようですね。
本来の羽化は夜間なので、この個体は出遅れてしまったのでしょうか?

2011.7.22 ニイニイゼミ♀羽化 (1) 50

2011.7.22 ニイニイゼミ♀羽化 (2) 50

他にこんな生態写真も…
お嫁さんはクモに捕まってしまって、既に絶命しています。
旦那さんは、そんなこととも知らずに暴れていました。

2011.7.22 スジグロシロチョウ交尾+アズチグモ 50
この記事のURL | 昆虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。