2010 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クロメンガタスズメ
2010/10/26(Tue)
タイトルからも分かるように今回は蛾の記事でのエントリーです。
しかもイモ虫系ですので、お嫌いな方は見ない方が賢明でしょう。

それでは…

今年の夏以降は、行く先々でクロメンガタスズメを探していました。
7月13日に横浜市緑区で前夜に水銀灯に飛来したと思われる成虫を採集して以来、ナス畑を中心に探索しました。
ホストはトマトやヒマワリ・ニガウリ(ゴーヤ)・アサガオ・クサギ等いろいろな植物が知られていますが、ナスは葉が大きいので探し易かったんです。

しかしナスで見つけたのは…

メンガタスズメでした。
8月25日に大阪へ帰省した際に、近所の家庭菜園で見つけました。
未だに羽化の兆候は見られないので、このまま越冬なのでしょう。

その後もネットで検索したり、ナスを眺めたりしましたが本命の幼虫には行き当たりません。

そんなある日、妻とチビを連れて鳥見に千葉県習志野市へ行きました。
この辺りでも記録があったような…
フラフラしているとナス科のエンゼルトランペットが数株ありました。
大した食痕も見つかりませんでしたが、何となく気になってしつこく葉裏を見ていると…

2010.9.29 習志野産 クロメンガタスズメ3齢幼虫

採集時には撮影しなかったのですが、2齢か1齢ほどの小さな幼虫でした。
この画像はすでに3齢幼虫でしょう。
お分かりのように、シモフリスズメの若齢幼虫とソックリなんです。
ただ、ホストがエンゼルトランペットだったのでクロメンガタであろうと確信し、持ち帰った次第です。

そして、4齢に

2010.10.2 習志野産 クロメンガタ4齢幼虫 (2)

こうなると尾角に特徴が現れるので、クロメンガタに間違いありません。
注):メンガタスズメの可能性も捨て切れませんが、場所柄クロメンガタでしょう。

そして5齢に

2010.10.9 習志野産クロメンガタ終齢

この幼虫は綺麗な緑色タイプです。

蛹化前にはこんな感じになりました。

2010.10.11 習志野産 前蛹 (2)

背中が薄っすら黄色くなるんですね。

…で、現在は蛹です。

この後、10月1日に地元で4齢幼虫をクサギから発見できたんです。
ただ、ハエの卵殻らしきものが体表に6ツほど付着していました。寄生されているとすれば前蛹か蛹から大きなヤドリバエの幼虫が出てくるでしょう。

これが発見時の4齢幼虫です。

2010.10.8 生田7丁目 クロメンガタ4齢幼虫

数日後には終齢になりました。
するとこの幼虫は綺麗な黄色タイプに変身しました。

2010.10.19 生田産 クロメンガタスズメ終齢幼虫 (1)

樹上にこんな幼虫がいたら目立つでしょうね。
こちらは現在、前蛹になってウロウロしています。
数日中に蛹化すると思いますが…

ハエが出るんだろうなぁ~。

メンガタスズメ共々羽化が非常に待ち遠しいです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 昆虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
すっかり涼しくなりました
2010/10/20(Wed)
暑かった夏が随分前の話のように感じます。

秋の定番と云えば、コブヤハズカミキリの仲間であったり、蜂好きならスズメバチ科の♂であったりとそれぞれの楽しみ方がありますネ。

前回はコブヤハズカミキリの画像を貼りましたネ。
今でも我が家でサクラの枯れ葉を後食して過ごしています。

例年であればハチ好きな僕としてはヒメスズメバチ♂の採集に始まり、モンスズメバチキイロスズメバチオオスズメバチの各種♂の採集を楽しむのですが…
今年はタイミングが合わず、全然採集していません。
しかし、神様(ホントカ?)はそんな僕にプレゼントをくれました。

6日:蛾の灯火採集の副産物、みなかみ町にて

昨年であればクロウスタビガの採集適期だった筈なのにターゲットは1頭のみ…そんなに発生が遅れているの?
そんな中、灯火ポイントで水銀灯を見上げていると、なにやらハチっぽい虫が静止しています。
種名は直に分かりました。チャイロスズメバチWでした。
狙ってもなかなか採集できない種なので、お持ち帰りしました。

18日:習志野市にて

自分の目の前の植え込みにコガタスズメバチの♂が飛んでいます。
暫く目で追うと、どうも止まりたそうな雰囲気です。
細い枯れ枝に静止して羽の手入れを始めたと同時に人差し指・中指・親指で摘まんで採集完了

2010.10.16 習志野市秋津 コガタスズメバチ♂


19日:二度あることは三度ある?みなかみ町にて

この日は夜間に灯火廻りをして蛾の採集の最中でした。
ある施設のトイレ(標高約1,000m)を見回ったときです。
出入口のドアにコガタスズメバチ♂が止まってました。
何で飛んできたのでしょうね。これも大事にお持ち帰りです。

これからオオスズメバチの♂が騒いで、刺傷事故が急増する季節です。
来月28日には記念にオオスズメバチの♂でも採集したいものです。

蛾の話はまた後日…
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋と云えば…
2010/10/06(Wed)
虫のシーズンも第4コーナーを廻ったところまでやってきました。
長くて暑かった夏が終わったら、一気に冬になってしまいそうな山です。

コブ叩きに適した状態ではないのです。
シットリとした感じが無くて、まだまだ枯れ葉が少ないのです。
このまま一気に枯れてカサカサになってしまうのかな?

先日群馬の山間部でナイターにお付き合いさせて頂いた際に、路肩のフキの葉の枯れた部分にチョコンと座っていたコブヤハズカミキリ♀です。

実は群馬産は初採集なのでした。

2010.10.1 片品村戸倉 コブヤハズ

今は癒し系のペット状態です。

2010.10.3 コブヤハズカミキリ
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イブキスズメ(展翅)
2010/10/04(Mon)
前回は羽化した直後のイブキスズメを御紹介させていただきました。

今回は展翅した状態の画像を御紹介したいと思います。

前翅に隠れた後翅の薄いベニが良いアクセントになっていますね。

2010.9.29羽化 イブキスズメ
この記事のURL | 昆虫 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。